反り腰(下位交差症候群)

下位交差症候群(Lower Crossed Syndrome)とは反り腰のことで、骨盤を中心に交差状に硬い筋肉と弱い筋肉がみられる姿勢です。

下位交差症候群
硬い筋肉と弱い筋肉が交差状

下位交差症候群の特徴

 下位交差症候群の特徴として以下が挙げられます。

・脊柱起立筋・腸腰筋・大腿直筋・大腿筋膜張筋・股関節内転筋群の機能亢進

・腹筋群・ハムストリングスの筋力低下や委縮

・足関節背屈制限

 

大殿筋の筋力が低下すると股関節が常時軽度屈曲位となり、腸腰筋が慢性的に緊張して骨盤が後傾します。

結果、骨盤が後傾しO脚や膝の痛み・上位交差性症候群の原因にもつながります。

 

また、中殿筋が筋力低下すると、内転筋が慢性的に緊張状態となります。 

 

対策はストレッチ+筋トレ

下位交差症候群は、硬い筋肉のストレッチ、弱い筋肉の強化が重要になります。

【主な硬い筋肉】背骨沿い・股関節の前・ももの前  

【主な弱い筋肉】腹筋・おしり・もも裏 

 

うちだ整体院では、骨盤調整・仙腸関節調整・股関節調整・筋肉調整・ストレッチなどの施術をします。

また、セルフストレッチ・弱い筋肉の筋肉のつけ方・歩き方・呼吸の指導も行います。

 

セルフストレッチ+殿部の筋トレ

腰痛コース

腰痛40分コース

腰痛

40分コース

3,000円


反り腰のページを見た方はこんな項目にも興味を持っています