肩甲骨はがし

肩甲骨はがしとは、「肩甲胸郭関節のストレッチ」です。

 肩甲骨と肋骨の連結部分を肩甲胸郭関節(けんこうきょうかくかんせつ)と言います。他の関節と違い、筋肉のみで連結されています。

 


【肩甲骨はがしによって伸ばされる11の筋肉】

・僧帽筋(上部・中部・下部)

・菱形筋(小・大)

・肩甲挙筋

・棘上筋

・棘下筋

・小円筋

・大円筋

・前鋸筋 

 


僧帽筋

 

僧帽筋(そうぼうきん)。

上部・中部下部

肩こりの代表的な筋肉。

上部は温めると風邪の予防に有効。


菱形筋

 

菱形筋(りょうけいきん)。

青が小菱形筋、黄色が大菱形筋。

緊張しやすい筋肉。

 


肩甲挙筋

 

肩甲挙筋(けんこうきょきん)。

この筋力が弱いと「なで肩」、

強いと「いかり肩」になりやすい。


棘上筋・棘下筋・小円筋・大円筋

 

(上から)

棘上筋棘下筋小円筋大円筋。

上記3筋+肩甲下筋の4筋で回旋腱板(ローテーターカフ)と呼ばれる。

ローテーターカフは肩のインナーマッスル(=支える筋肉)。

肩関節の脱臼の再発予防に鍛えることが重要。


肩甲下筋・前鋸筋

 

青が肩甲下筋(けんこうかきん)。肩甲骨と肋骨の間にある筋肉。

肩甲骨はがしで、最もストレッチされる筋肉。

これが固いと肩甲骨が肋骨に張り付いてしまうかのようになり、肩の可動域が減少する。

 

左図は肩甲骨をはがした状態。

肩甲骨の内側に手を入れなければ触れられないため、もみほぐすことは困難。

対策は肩甲骨をつかんで引っ張る。はがすように引っ張る。

肩甲骨はがしは肩こり・四十肩に有効。

セルフケアは、ストレッチポールに寝た状態で腕を大きく回す。肩甲骨ごと回す。

 

黄色は前鋸筋(ぜんきょきん)。

緊張状態が続くと猫背になる。

ストレッチポールが有効。

 

 

肩こりコース

肩こり60分コース

肩こり

60分コース

4,500円

肩こり40分コース

肩こり

40分コース

3,000円


肩甲骨はがしのページを見た方はこんな項目にも興味を持っています